釣り経験

りの経験。




それは和歌山県東牟婁郡那智勝浦町宇久井、駒崎の磯り。



竿2号5.3、 道糸5号、 ハリス6号の ウキ下4ヒロ半。


っていた。





この駒崎というりポイントは、ひたすら大物が多いり場、ぶちぶちり糸を切っていくり場。



でも、メジナりではないかもしれない。
このり場、どちらかと言うと、底物り場。





り始めて約4時間、昼ごろ、 へチり風に磯際をってみた。
ウキに前アタリ・・・・・ピョコ、ピョコ!

静かに誘いをかけた、



ウキが「クンッ」って、水面3cmに沈んで止まった。


その瞬間、竿を振り上げ、あわせる!





「グンッ!!!!」



2号5.3 の磯竿が曲がる。

まるっきり動かない。
まるで根がかりの様な、った感覚。


そして1秒ほどおいてから、深いところに向けて「グンッグンッグンッ!!」と泳ぎだす魚。(魚かな?)



2号5.3 の磯竿を根元から、ひん曲げていく
ムチャクチャなりだった。



まるっきり止まりませんでした、魚はこっちも見ませんでした。




どんどん、リールを弾かれ、深いところへ・・・・・



まったくムチャクチャなり。






正直、このり経験は、筋肉の、体の力負けでした。
最終的に根に巻かれてり糸を切られた後、


「完全に筋肉負け、これからりの筋トレしてやる!」と切れました。





鹿児島県のカジキりでは、電車の枕木を磯の上に竿で放り上げるりのトレーニングをするそうです。
それくらい本気になったりでした。




強烈なり経験。

まだあります。

タグ:釣り
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。