釣り経験失敗編

り経験失敗編です・・・・



まず、りポイントを変える時に海に飛び込んだ・・・・
深い溝に・・・・り場ではなく・・・

りポイントを変えようと思って、向こう岸に回っていくのが面倒だったんですよ、それでり友達が「やめておけ」って言ったのに、飛んじゃったんです。

絶対飛べると思ったから。

竿、りバケツ、を持って・・・でも、まさかりブーツが私のジャンピングの邪魔をするとは思ってもみなかったです。



飛んだ!!!!!






あれっ??????りブーツの中で、足首が思ったように伸びない!!!








あっ!!










かろうじて向こう岸に左足は着いたものの・・・・











ああああっ・・やばい・・・・・・やばい!!!!










ずぶずぶずぶずぶーーーーーって海に落ちてしまいました・・・
竿りバケツを持ったまま









そしてその時そのり友達が何をしたと思いますか?










私に向かって、り友達がりタモを伸ばしたんですよ!!!!











メジナになった気分でした。








ああっ、私はられたのか?そして私はこのりタモですくわれるのか?







って。








まいりました。
このり経験。





り経験は釣った釣れなかっただけではなく、それ以外のり経験も多くて面白いですね。



後日、そのり友達も海に落ちましたけどね・・・ o(〃^▽^〃)oあははっ♪ 



りに行って、昇る朝日をりながら、り場から眺めるのは気持ちいいですねー。
まだ薄暗いり時刻でない時から竿を出し、りポイントを探っていく。
りの醍醐味です。
り針も結びにくく、前の晩からり針を、りの仕掛けを用意しておく。

りエサもほど良く溶かしておく。

朝、りポイントに着いたらまずすること、りポイントの潮の流れ。
竿を取り出し、りの仕掛けを結び、りポイントを探っていく。
り開始。

朝日が昇り始める・・・最高です!



そして、りポイントをり、り針にひとつめの当たりが。

竿が曲がる。

大抵、一発目にり針に掛かってくる魚は小さめ。



徐々にり上げる魚が変わってくる。

そこからがりの楽しみ・・・。

| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。