釣りは撒き餌

りは撒き餌で果が決まるかもしれませんね。


りは結局、釣り場の良し悪しで釣果が決まりますが、りで一番シビアに神経を使うのが撒き餌。

りは撒き餌の良し悪しで決まるといっても過言ではない、りは色々なり方があるが、潮をるといわれるように撒き餌の流す方法は非常にりには重要です。



りの基本ですね。



りって、ただり針にエサを刺して、ってるんじゃないのはり人なら誰でも知っているでしょう。


でも意外と初心者のり人がる時もたまにありますね。
ほとんど無いですが・・




よくそんなり笑い話を聞くことがあります。




り、奥が深いり、いきなり「何だったんだ、今のは?」というのがり針に掛かったり、



筋力で負けてしまう魚がり針に掛かったり。
とんでもないりの経験も長くりをしているとありますよね!




そういえば、
和歌山県南牟婁郡串本町有田の磯りでしたが、
あの磯りはひどかった・・・


島の名前は忘れましたが、西向きにり座を変えて、りポイントも少し投げるようにして、棚の切れ目をりました。



しばらくれなくて、りポイントを変えた瞬間
ハリス2.5号、ウキがゆっくり入り、り針に魚が乗ってきたとたんに突っ込みまくられて、磯に絡んで終わった・・・・




少し震える手・・


り針に掛かった魚の感覚、完全に45オーバー、50か、それ以上。



明らかに2.5号ではり上げる事は出きない。




次、4号のり糸(ハリス)・・・・り針投入・・・・またもすぐにゆっくり浮きが沈む・・・・アワセ・・・・魚がり針に掛かる。





4号・・・・ためる・・・・2号の竿が根元からひん曲がる・・・・・・・・・全然寄らない・・・・走りこんで竿がのされる、少し糸を出す・・・・ダメ、


走りこんでいって次は元(口元)で切られる。







はああああああ、、、、
頭にきた!!!!(`Д´) ムキー!お次は6号!!!



、仕掛け投入、ウキ下2ヒロ半、またもウキが・・・・一瞬にして消えた!!
連続である、

にかける間もなく引ったくられる
に掛かる、棚の向こうをっているので絶対に糸を出してたまるか!





そんなことなんか聞いてさえくれなかった。
徹底的に突っ込まれ、簡単に・・・サヨナラ・・・





なめんなよ、ムキーー!!Σ(`Θ´)=3 次は竿を折るつもりでやってやる!
6号のり糸が最高だったので、またも6号にり針を。



り針投入、またも当たり!!!!いったい何匹いるの?
なんて考える余裕なんて無い!
むかつくから竿が折れてもいいから、糸は出してやらなかった。




そうすると4回目のは少し小さめなのか(って完全に50はありそうだが、)ぐっぐっっぐっと少し寄ってきた、

「おおっ!正体が分かるか?」


と思ったとたんにり針はずれ、
「おいおいおいおいーーーーーーーー!!!!!こんなところで外れるなよーーーーー!!!!!」ムキーー!!Σ(`Θ´)=3








最低である。
次、次は違うポイントをっていた友人に魚なのか?なんて聞かれて、私は
「だめ、ってくれない?」


と打ちのめされかけ・・・・



それでも気を取り直し、またも6号ハリスで投入、
また同じパターンで、どうしようもなく引ったくられまくって6号ハリスが切られる。

Σ(T▽T;)



「もうだめ・・・」




またも6号でやる。

また、掛かる、また同じ結果、徹底的にひったくられて6号を切っていく・・・・・
((((_ _|||))))






次、7回目はもう来なかった・・・・・。
||||||||||||||(_ _。)||||||||||||||||





何の手のうち用も無かったりだった、り糸を出すこともやった、ハリスは考えられないほど太い、まるっきりり糸を出さないこともやった、
右に竿を倒すことも、左に倒すことも、竿を寝かせてり針にかけることもした。


その場の状況で考えられるりを全て出し切った、4発目まで、
しかし、4発目でりをすべて出し切ってしまいギブアップ状態、5発目、6発目はもう、誰かにってほしかった。



完全に打ちのめされた、りなのに・・・
こんなりは初めてだった・・・

5発目6発目はどうしたらいいか分からない状態でった・・・・





このときのりほど、完全に打ちのめされたりは、自分のり人生で初めてだった。




このときのりの経験は、今考えても異常だった。


こうしてブログに書いていても、
「やっぱりり師は大げさな、実際は40cmくらいのやつで2号のハリスで釣ってたんじゃないの?それも6回なんて、それも多くて3回じゃないの?」
なんて思うり人もいるだろう。


ま、そういうり人は、こういうりの経験をしていない、ということだが。


りを25年もやっていると、こういうり経験は1度や2度訪れる。お楽しみに。



九州の釣り人や三宅島のり人なら、こういうりを、常にもっとハイレベルなりをやってるんでしょうね。
でも、紀伊半島でこんなり経験は、ほんとにありません。




それにしても、とんでもないりの経験でした・・・

タグ:
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。