釣りって?

りっていろいろありますよね、

私は磯りが好きなんですが、最初のりは、川のハヤり、それからザリガニりにカエルりにうなぎり、フナりに、それから海り、メジナりにカワハギりに、キスりに、メバルりにイカり、そしてイシダイりに、船り、イスズミりにアオブダイりにコロダイりにスズキり、そして、たこりにナマコり、おまけに池の釣りまで、ありとあらゆる釣りをしました。

ただ、渓流りや鮎りは本格的にったことがないのでまだまだですが・・・


りって、本当に思いますよね、りってなんでこんなに簡単にれるのだろう?って、
 だってり針にエサが刺してあるのに、り針ごと食べてしまうんですもの。
人間ならり針が見えるでしょう。
最近魚も頭がいいなんて言葉を聞きますが、り針に掛かってくる以上、やっぱりり針やり糸は見えてないんですよ。



特に私の住んでいる三重県鵜殿のメジナは素直すぎる、り針にすぐ掛かってくれます。誘いも何もいらない。
り針を放り込んだー、ウキが入ったー、さあれましたーの繰り返し、
あんまりれるものだから、退屈になってもっと釣りがシビアな勝浦に行ってりたくなります。


和歌山県那智勝浦町のりはシビアですよー。
ほとんどの人が、勝浦はれない、ったためしがないといっているのではないでしょうか?
り方があるのですが・・・




簡単です。神経を研ぎ澄ませてって、オキアミをほとんどまかないり方がベストです。
でもこのり方は、三重県や千葉県、和歌山県潮岬、和深等の他のり場では通用しません。
那智勝浦町だけのり方だと思っていただければいいです。

那智勝浦町はオキアミは1.5kgもあれば充分。りエサ込みで、

うそでしょ????って思うようなり方でしょ???



だから、みんなれないんです。三宅島のりでもそう、自分のり方をその場所で変えることが出きない人はれないと思います。
シマノのり人の高橋哲也さんもそう言ってませんでしたか?



そうなんです。りって不思議なんです。


だから、私は三重県では非常にりにくく苦労したんですよ。
りが分からないんですりの感覚が、り場の深さも全然違えばり方も違う。


三重県はむしろ中通しウキがいい。那智勝浦町は環つき浮きがいい。

もの凄くりが違い、れる感覚がつかめるまで、りに通いはボーズ、りに通いはボーズで、ほんと自分のりの対する自信は三重県のりでことごとく打ち砕かれましたね。




2年目にしてやっとこさ三重県の自分のりをやっと発見できました。
でも、三重県のりは、みんなにはかないません。
そこそこの釣りですね。まだまだり足りません。自分は。
り修行ですね。!(^O^)



| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。