釣り経験

りの経験。




それは和歌山県東牟婁郡那智勝浦町宇久井、駒崎の磯り。



竿2号5.3、 道糸5号、 ハリス6号の ウキ下4ヒロ半。


っていた。





この駒崎というりポイントは、ひたすら大物が多いり場、ぶちぶちり糸を切っていくり場。



でも、メジナりではないかもしれない。
このり場、どちらかと言うと、底物り場。





り始めて約4時間、昼ごろ、 へチり風に磯際をってみた。
ウキに前アタリ・・・・・ピョコ、ピョコ!

静かに誘いをかけた、



ウキが「クンッ」って、水面3cmに沈んで止まった。


その瞬間、竿を振り上げ、あわせる!





「グンッ!!!!」



2号5.3 の磯竿が曲がる。

まるっきり動かない。
まるで根がかりの様な、った感覚。


そして1秒ほどおいてから、深いところに向けて「グンッグンッグンッ!!」と泳ぎだす魚。(魚かな?)



2号5.3 の磯竿を根元から、ひん曲げていく
ムチャクチャなりだった。



まるっきり止まりませんでした、魚はこっちも見ませんでした。




どんどん、リールを弾かれ、深いところへ・・・・・



まったくムチャクチャなり。






正直、このり経験は、筋肉の、体の力負けでした。
最終的に根に巻かれてり糸を切られた後、


「完全に筋肉負け、これからりの筋トレしてやる!」と切れました。





鹿児島県のカジキりでは、電車の枕木を磯の上に竿で放り上げるりのトレーニングをするそうです。
それくらい本気になったりでした。




強烈なり経験。

まだあります。

タグ:釣り
| 日記

釣り経験失敗編

り経験失敗編です・・・・



まず、りポイントを変える時に海に飛び込んだ・・・・
深い溝に・・・・り場ではなく・・・

りポイントを変えようと思って、向こう岸に回っていくのが面倒だったんですよ、それでり友達が「やめておけ」って言ったのに、飛んじゃったんです。

絶対飛べると思ったから。

竿、りバケツ、を持って・・・でも、まさかりブーツが私のジャンピングの邪魔をするとは思ってもみなかったです。



飛んだ!!!!!






あれっ??????りブーツの中で、足首が思ったように伸びない!!!








あっ!!










かろうじて向こう岸に左足は着いたものの・・・・











ああああっ・・やばい・・・・・・やばい!!!!










ずぶずぶずぶずぶーーーーーって海に落ちてしまいました・・・
竿りバケツを持ったまま









そしてその時そのり友達が何をしたと思いますか?










私に向かって、り友達がりタモを伸ばしたんですよ!!!!











メジナになった気分でした。








ああっ、私はられたのか?そして私はこのりタモですくわれるのか?







って。








まいりました。
このり経験。





り経験は釣った釣れなかっただけではなく、それ以外のり経験も多くて面白いですね。



後日、そのり友達も海に落ちましたけどね・・・ o(〃^▽^〃)oあははっ♪ 



りに行って、昇る朝日をりながら、り場から眺めるのは気持ちいいですねー。
まだ薄暗いり時刻でない時から竿を出し、りポイントを探っていく。
りの醍醐味です。
り針も結びにくく、前の晩からり針を、りの仕掛けを用意しておく。

りエサもほど良く溶かしておく。

朝、りポイントに着いたらまずすること、りポイントの潮の流れ。
竿を取り出し、りの仕掛けを結び、りポイントを探っていく。
り開始。

朝日が昇り始める・・・最高です!



そして、りポイントをり、り針にひとつめの当たりが。

竿が曲がる。

大抵、一発目にり針に掛かってくる魚は小さめ。



徐々にり上げる魚が変わってくる。

そこからがりの楽しみ・・・。

| 日記

釣りは撒き餌

りは撒き餌で果が決まるかもしれませんね。


りは結局、釣り場の良し悪しで釣果が決まりますが、りで一番シビアに神経を使うのが撒き餌。

りは撒き餌の良し悪しで決まるといっても過言ではない、りは色々なり方があるが、潮をるといわれるように撒き餌の流す方法は非常にりには重要です。



りの基本ですね。



りって、ただり針にエサを刺して、ってるんじゃないのはり人なら誰でも知っているでしょう。


でも意外と初心者のり人がる時もたまにありますね。
ほとんど無いですが・・




よくそんなり笑い話を聞くことがあります。




り、奥が深いり、いきなり「何だったんだ、今のは?」というのがり針に掛かったり、



筋力で負けてしまう魚がり針に掛かったり。
とんでもないりの経験も長くりをしているとありますよね!




そういえば、
和歌山県南牟婁郡串本町有田の磯りでしたが、
あの磯りはひどかった・・・


島の名前は忘れましたが、西向きにり座を変えて、りポイントも少し投げるようにして、棚の切れ目をりました。



しばらくれなくて、りポイントを変えた瞬間
ハリス2.5号、ウキがゆっくり入り、り針に魚が乗ってきたとたんに突っ込みまくられて、磯に絡んで終わった・・・・




少し震える手・・


り針に掛かった魚の感覚、完全に45オーバー、50か、それ以上。



明らかに2.5号ではり上げる事は出きない。




次、4号のり糸(ハリス)・・・・り針投入・・・・またもすぐにゆっくり浮きが沈む・・・・アワセ・・・・魚がり針に掛かる。





4号・・・・ためる・・・・2号の竿が根元からひん曲がる・・・・・・・・・全然寄らない・・・・走りこんで竿がのされる、少し糸を出す・・・・ダメ、


走りこんでいって次は元(口元)で切られる。







はああああああ、、、、
頭にきた!!!!(`Д´) ムキー!お次は6号!!!



、仕掛け投入、ウキ下2ヒロ半、またもウキが・・・・一瞬にして消えた!!
連続である、

にかける間もなく引ったくられる
に掛かる、棚の向こうをっているので絶対に糸を出してたまるか!





そんなことなんか聞いてさえくれなかった。
徹底的に突っ込まれ、簡単に・・・サヨナラ・・・





なめんなよ、ムキーー!!Σ(`Θ´)=3 次は竿を折るつもりでやってやる!
6号のり糸が最高だったので、またも6号にり針を。



り針投入、またも当たり!!!!いったい何匹いるの?
なんて考える余裕なんて無い!
むかつくから竿が折れてもいいから、糸は出してやらなかった。




そうすると4回目のは少し小さめなのか(って完全に50はありそうだが、)ぐっぐっっぐっと少し寄ってきた、

「おおっ!正体が分かるか?」


と思ったとたんにり針はずれ、
「おいおいおいおいーーーーーーーー!!!!!こんなところで外れるなよーーーーー!!!!!」ムキーー!!Σ(`Θ´)=3








最低である。
次、次は違うポイントをっていた友人に魚なのか?なんて聞かれて、私は
「だめ、ってくれない?」


と打ちのめされかけ・・・・



それでも気を取り直し、またも6号ハリスで投入、
また同じパターンで、どうしようもなく引ったくられまくって6号ハリスが切られる。

Σ(T▽T;)



「もうだめ・・・」




またも6号でやる。

また、掛かる、また同じ結果、徹底的にひったくられて6号を切っていく・・・・・
((((_ _|||))))






次、7回目はもう来なかった・・・・・。
||||||||||||||(_ _。)||||||||||||||||





何の手のうち用も無かったりだった、り糸を出すこともやった、ハリスは考えられないほど太い、まるっきりり糸を出さないこともやった、
右に竿を倒すことも、左に倒すことも、竿を寝かせてり針にかけることもした。


その場の状況で考えられるりを全て出し切った、4発目まで、
しかし、4発目でりをすべて出し切ってしまいギブアップ状態、5発目、6発目はもう、誰かにってほしかった。



完全に打ちのめされた、りなのに・・・
こんなりは初めてだった・・・

5発目6発目はどうしたらいいか分からない状態でった・・・・





このときのりほど、完全に打ちのめされたりは、自分のり人生で初めてだった。




このときのりの経験は、今考えても異常だった。


こうしてブログに書いていても、
「やっぱりり師は大げさな、実際は40cmくらいのやつで2号のハリスで釣ってたんじゃないの?それも6回なんて、それも多くて3回じゃないの?」
なんて思うり人もいるだろう。


ま、そういうり人は、こういうりの経験をしていない、ということだが。


りを25年もやっていると、こういうり経験は1度や2度訪れる。お楽しみに。



九州の釣り人や三宅島のり人なら、こういうりを、常にもっとハイレベルなりをやってるんでしょうね。
でも、紀伊半島でこんなり経験は、ほんとにありません。




それにしても、とんでもないりの経験でした・・・

タグ:
| 日記

釣、堤防の前。

。堤防の前で書いてます。



三重県鵜殿のり。
どうなんでしょ?目の前の堤防、りでは有名なりポイントらしい。
でも、そこでりしたことないんですよ。どう考えても、地元のり人は、釣りに行くんです、渓流りに行く人もいます。

なんかクロダイりで全国的にこの堤防がりポイントとして有名らしい。
このりポイント、眺めていると潮が吹き上がってますね。なんでなのかりポイントを見てみたい気もします。

最近、鵜殿港の投げりは果が落ちたようです、一時期、り糸をぶっちぎられたり、キスがバカれして、り人で大賑わいだったのです。り人がずらっと並んでました。


最近、あまりり人が並んでいるところを見ないですね。


りはりでもクロダイりは落とし込みりが良いらしいです。私は落とし込み釣りは苦手なので磯り風でりますが、夏場、鵜殿港を歩くと、れるかれないのか分かりませんが50cm近くのクロダイが見えます。
り人がいれば教えてあげるんですが・・・・
誰かって。

そして、時にはりポイントで1m近いスズキの群れも見えることがあります。スズキりをする人は少ないですが・・・


りはイメージですね。ってもないのに、あのクロダイはれないとか、り糸を垂れたら逃げるとか、もしり針に掛かったら、ここにり場を移動してり上げアミに入れる。なんてりのイメージを膨らませてしまいます(笑!)


りってればるほど面白い。られる魚にとって迷惑なのでった魚は逃がしたり、ちゃんと食べたり。

ったまま放置なんてことはりをする上で、重大なりのマナー違反ですね。
ましてやり場に(島でも磯でも)りをさせてもらってり場にり糸やり針、空き缶ナイロン袋を捨てて帰るなんて言語道断ですね。即り場から追い出しましょう。
 り人は何をやってもいいわけじゃないんです、れたからって偉いわけじゃないんです、り人は釣るだけじゃないんです。



りを通じて、世の中にりの素晴らしさ、りをやって自然と戯れることで得られる街では感じることの出きない自然の豊かさと人との関わり。
りを通して、汚染されている海自然を愛し美しくする事をりから学んでほしいんです。




プロのり師に果なんて関係ありません。
 以前、不恰好なり人のじいさんが竿を肩に担いで、何かをぶら下げて帰ってきました。
り場で拾ってきた他人のりのゴミを竿にぶら下げてりから帰ってきたのです。



その時思いました「あぁ、これが本物の釣り師だ」と。




果うんぬんよりも、このり人の姿が本物のり師なんですよ。
要するにりを20年も30年も続けていたらりに関することは知り尽くす。そうなるとり人は自然に対する感謝の気持ち、海の美しさを知って自然とこういう他人のゴミまで拾って帰るという行動になるんです。
それがりの本質です。


ここまで言わないと分からないり人が多いのも事実。

り業界、ごみを捨てるり人なんかをりメーカーのインストラクターにしてはいけませんよ!!



そんなり人をりのインストラクターにしていると、そのうちそのりメーカーは間違いなく潰れます。
自然環境が歌われているこの時代、間違いないです。
り業界だけが特別ではありません。



そういうりのインストラクターは見つけ次第、そのり人の名前を聞き出しりメーカーに通報してあげますね、私が。
地元のり師はもっと海を守るべきです。




いっその事、この際はっきり言わせていただきます。
ビッグフィッシング!がまかつ、ダイワ、シマノ、NFT、磯りスペシャル。うんぬんり業界全体。各色々なり大会も。


もっとり人にゴミを拾わせるべきです。り大会なんて、開催ごとにり人みんなで磯クリーン、やってますか?

同じ海でもサーフィン業界はちゃんとやってますし、ごみを捨てる人間がいたら海から追い出しますよ、みんなでたかって。


り大会のゴミ拾いやってるならいいけど、ぜんぜん聞いたことないですよ。



り雑誌も、なんでごみを捨てる釣り人を大きく報じないのですかねー?不思議です。
いいのですか?そんなうわべだけのり雑誌で、りのノウハウだのなんだのだけ取り上げて、りの本質が本当のりの中身がすっからかんですよ。


り人のゴミ多すぎますよ。毎日、他のり人のゴミを拾い続ける私が大変ですよ。



り業界、遅れすぎてませんか?
そんなり業界に追従するつもりはないですよ。
りというものを芸術に高めてほしいですねー。





り人。
タグ:釣り
| 日記

釣りって?

りっていろいろありますよね、

私は磯りが好きなんですが、最初のりは、川のハヤり、それからザリガニりにカエルりにうなぎり、フナりに、それから海り、メジナりにカワハギりに、キスりに、メバルりにイカり、そしてイシダイりに、船り、イスズミりにアオブダイりにコロダイりにスズキり、そして、たこりにナマコり、おまけに池の釣りまで、ありとあらゆる釣りをしました。

ただ、渓流りや鮎りは本格的にったことがないのでまだまだですが・・・


りって、本当に思いますよね、りってなんでこんなに簡単にれるのだろう?って、
 だってり針にエサが刺してあるのに、り針ごと食べてしまうんですもの。
人間ならり針が見えるでしょう。
最近魚も頭がいいなんて言葉を聞きますが、り針に掛かってくる以上、やっぱりり針やり糸は見えてないんですよ。



特に私の住んでいる三重県鵜殿のメジナは素直すぎる、り針にすぐ掛かってくれます。誘いも何もいらない。
り針を放り込んだー、ウキが入ったー、さあれましたーの繰り返し、
あんまりれるものだから、退屈になってもっと釣りがシビアな勝浦に行ってりたくなります。


和歌山県那智勝浦町のりはシビアですよー。
ほとんどの人が、勝浦はれない、ったためしがないといっているのではないでしょうか?
り方があるのですが・・・




簡単です。神経を研ぎ澄ませてって、オキアミをほとんどまかないり方がベストです。
でもこのり方は、三重県や千葉県、和歌山県潮岬、和深等の他のり場では通用しません。
那智勝浦町だけのり方だと思っていただければいいです。

那智勝浦町はオキアミは1.5kgもあれば充分。りエサ込みで、

うそでしょ????って思うようなり方でしょ???



だから、みんなれないんです。三宅島のりでもそう、自分のり方をその場所で変えることが出きない人はれないと思います。
シマノのり人の高橋哲也さんもそう言ってませんでしたか?



そうなんです。りって不思議なんです。


だから、私は三重県では非常にりにくく苦労したんですよ。
りが分からないんですりの感覚が、り場の深さも全然違えばり方も違う。


三重県はむしろ中通しウキがいい。那智勝浦町は環つき浮きがいい。

もの凄くりが違い、れる感覚がつかめるまで、りに通いはボーズ、りに通いはボーズで、ほんと自分のりの対する自信は三重県のりでことごとく打ち砕かれましたね。




2年目にしてやっとこさ三重県の自分のりをやっと発見できました。
でも、三重県のりは、みんなにはかないません。
そこそこの釣りですね。まだまだり足りません。自分は。
り修行ですね。!(^O^)



| 日記

、行ってますか?


りに限らず、りって最高のレジャーですね、磯りをしていると何もかも忘れ磯りに没頭できる。
りに行って食べるり弁当は最高!磯りは興奮と安らぎ、そして磯りを通して魚をる狩猟本能が磨かれます。


りに行く前の日、磯竿を磨き、磯り道具を磨き、具を点検し、り針の種類から、りバケツまで、オキアミ・・・
すべてが明日の磯りのために準備される。

りをする為に働いているようなもの┐(´-`)┌


りに行く前の日って眠れますか?
私は明日どうやってろうか、どういうりのコンディションなのか考えに考えまくって、頭の中でりのやり取りを魚としてしまって、

りの事が頭から離れず眠れないんですよ。


りから帰ってくるとオキアミ臭いし、でも、りに行った証ですからそのオキアミの臭いが、またいい臭いに思うんですよ。


りをしない人にとっては臭いらしいですけど、り人にとっては最高の香りです!!!





前日の磯り準備・冬、溶けすぎぎないように玄関にりバケツを置いてりエサのオキアミを溶かし始める。

朝、起きたら丁度いい具合に、りエサのオキアミが溶けてりエサとして最高の状態。


り用スパイクブーツを履いてり渡船に走っていく。
「ジャリ!ジャリ!」

りブーツが音を立てる。


り前のひと時暖かいコーヒーを飲みながら。



り渡船には常連のり人が、火を焚いて暖炉、自分も常連のり人。

昨日の果、最近の果、り場はどうか、風は?



りはやる心を抑えながら磯、島へと、り渡船に乗り込む。



島はり人で取り合いなのか?大人数のり人で取り合うのは苦手、それならじっくり自分のり場で釣る方がいい。




り場が決まる。島に降り立った。り場測定。
| 日記
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。